森林の社会貢献

森林ボランティア活動は市民の社会貢献のひとつですが、森林に関わる社会貢献活動はこのホームページで紹介している森林の手入れから資金提供まで幅広いものがあります。

森林の手入れ

森林の手入れは主に林業者で進められていますが、市民や企業でも森林手入れをする活動があります。
37-1

木材の利用

森林から生産される木材を使うことで、森林整備が進みます。さらに多くの木材利用を進める活動があります。
37-2

森林の活用

手入れされた豊かな森林からの多くの恩恵を広げる活動があります。
37-3

地域の活性

森林手入れ・木材利用・森林活用をして地域を活性化する活動があります
37-4

資金の提供

企業などが森林手入れなどの資金を提供して社会責任(CSR)を果たし、企業姿勢をアピールする活動があります。

<森林再生パートナー制度>

神奈川県には企業・団体から県が資金を受けて企業・団体と協働で森林整備をする制度があります。 また、企業・団体から森林組合に直接資金支援する方法もあります。

県ネーミングクライツ パートナー制度2

相模原市内にもネーミングクライツ森林があります。


<カーボンオフセット制度>

CO2削減の対策をしても目標に届かない場合、森林が吸収するCO2を購入して埋め合わせられる仕組みがあり、その資金で森林整備が行えます。
37-6

<寄付>

社会貢献活動に対して寄付をする企業があります。