森林の学び

森林からは幼児から大人まで多くのことを学ぶことができます。また、森林の学びを教育に活用する取り組みもあります。

森林教育

森林での自然体験活動を通して、多種の学びを目的にしたプログラムを作る取り組みがあります。

36-1

幼児保育

森の幼稚園と言われることもありますが、森林での体験や遊びを積極的に取り入れて幼児保育をするところがあります。
36-2

学校林・演習林

学校近くの森林を活用して森林教育をしている小中学校があります。又、林木生産を学ぶ高校・大学では演習林を持っているところがあります。

36-3

公共施設

森林の学びができる公園などの公共施設があります。相模原市では平成31年着手を目標にした「市民の森(石老山周辺)」の計画が進んでいます。

<国の施設>

明治の森高尾国定公園

<県の施設>

陣馬相模湖自然公園(陣馬山~相模湖)
三井水源林(三井)
津久井湖城山公園(津久井湖)
松茸山自然の森公園(鳥屋)
東丹沢県民の森(宮ヶ瀬)
相模原公園(中央区)
相模原清流の里

36-4

<市の施設>

青根緑の休暇村
ふじの体験の森やませみ
相模川ふれあい科学館
相模原市立博物館
36-5

森林に関連する学びを進める団体など

紹介する団体は多種の活動をしていますので、団体の活動内容や場所を確認して問い合わせしてください。
(青文字の団体名をクリックすると団体関連ページを表示します)

団体などの活動場所

地図上のマークをクリックすると、団体などの名前が表示されます。