森林の繊維・衣料

樹木からも布が作られ、その繊維の高度利用も開発されています。又、樹木や草から染料をとることもできます。

しな布

シナノキの表皮を材料にして織られた布で、万葉の時代から育まれてきた古代織りのひとつに「羽越しな布」があります。北海道ではアイヌの人の衣服にも使われました。布は少し目が粗い褐色の織物です。
33-1

レーヨン

木材パルプから作られた再生繊維で、絹に替わる繊維として人絹とかスフと言われ、竹からも作られます。
レーヨン

【出典・参考】
[バンブー(竹)素材]

セルロースナノファイバー

木や竹の繊維を非常に細かくほぐして、軽くて強い材料が出来ます。今後の利用が期待されています。

ナノファイバー

草木染め

植物なら何でも使え多数の色が出せる草木染めですが、その一例を紹介いたします。

33-3
33-4

衣料に関わる活動をしている団体など

紹介する団体は多種の活動をしていますので、団体の活動内容や場所を確認して問い合わせしてください。
(青文字の団体名をクリックすると団体関連ページを表示します)

団体などの活動場所

地図上のマークをクリックすると、団体などの名前が表示されます。